映像市'18

あきる野映画祭〈ミニスクリーン〉(入場無料)

2018年 7月21日[土] 12:30~17:00

まほろばホール(五日市地域交流センター3階)



「映画を自分で作っている人たちを応援したい、映画の可能性を広げたい。」

そんな思いから企画した「あきる野映画祭・映像市」も今回で15回を迎えます。

あなたの製作した映像作品をホールで上映し、たくさんの人に観てもらいませんか?

映像市は、西多摩地区にゆかりのある作品を上映する場です。

それはなによりも、住み慣れた私たちの地域「西多摩」を様々な視点で捉えた「親しみやすい映画」を通して、

「西多摩の魅力」を、あきる野の地から発信したいからなのです。




映像市では、応募作品の中から映画祭実行委員が選定した作品が上映されます。

その中から映像市当日にゲストコメンテーターと観客選考員が選定した作品に賞が与えられます。 


【ゲストコメンテーター】

 

市倉久央さん 

(映画プロデューサー)

 

 

三留まゆみさん 

(映画イラストライター)

【賞】

 

あきる野グランプリ(1作品)トロフィー進呈 

*ゲストコメンテーターの選出によります。

 

 

観客賞(1作品)トロフィー進呈 

*観客選考員の選出によります。



観客選考員募集(終了しました)

映像市'18で上映する作品全てを鑑賞し、気に入った作品1本を選ぶ「観客選考員」を募集します。

定員 30人(申込み順)  

申込み方法 7月20日(金)までに電話で申し込んでください。

※観客選考員には、メインスクリーンの全日通し券を1枚お渡しします。

申込み・問合せ 観光まちづくり推進課観光まちづくり推進係(電話:042-595-1135) 


募集要項(終了しました)

応募資格

・西多摩地区にゆかりのある作品や、ゆかりのある人たちが撮った作品。

 ※西多摩地区とは、あきる野市、青梅市、福生市、羽村市、瑞穂町、日の出町、奥多摩町、檜原村のことをいいます。

・プロ、アマは問いません。

 

応募規定

・2016年4月1日以降完成の作品に限ります。

・上映時間は30分以内を原則とします。

・過去に映像市に応募された作品は、応募できません。

・応募形式は、DVD、ブルーレイのいずれかに限ります。

 なお、8mm、16mm、35mmフィルムの作品の場合は、テレシネをして、必ずDVD、ブルーレイでご応募ください。

・応募されるDVD、ブルーレイの本体には、作品タイトル・作者名を記入して下さい。

・応募作品の返却はいたしませんので、マスターでの応募はご遠慮下さい。

 

応募作品について

・作品のジャンルは問いませんが、次のような作品の応募を望みます。

 ・西多摩地区在住の作者が、自分の地元を描いた地元愛にあふれる作品。

 ・西多摩地区以外の作者が、西多摩地区の良さを描いた作品。

 ※西多摩地区にゆかりがある作品、作者であれば、上記のような作品以外でも大歓迎です。

・応募作品の総時間数が上映予定時間を超えた場合は、選考の上、上映作品を決定させていただきます。

・応募いただいた作品は、原則としてあきる野市立図書館にて保存させていただきます。その際、利用者に貸し出されます。

・上映される作品名・作者名はポスター等に掲載させていただきます。

 

応募方法

・規定の応募用紙に必要事項を記入の上、作品に添えて下記応募先まで持参いただくか、郵送にてご応募ください。

応募用紙(PDFファイル)

募集要項(PDFファイル)

 

受付期間

・2018年5月18日[金]まで

・窓口へ直接持参の場合:月曜日〜金曜日(祝日を除く)午前9時〜午後4時30分

・郵送等の場合:締め切り日当日消印有効

 

応募先

〒190-0164 あきる野市五日市411番地 

あきる野市役所 環境経済部 観光まちづくり推進課


会場

会場:まほろばホール(収容人員:150名)

*JR五日市線武蔵五日市駅より徒歩10分  駐車場あり